クラウドの衝撃

クラウド(cloud)とは英語で雲の意味です。インターネットのネットワークを「雲」に擬えインターネットで接続された情報端末(パソコンや携帯電話)から遥か彼方の「雲(インターネット)の上」のサーバーに置かれたソフトウエアやデータを利用する仕組みの事です。

このクラウド、すでに世界中の人々が利用する様々な分野のシステムとして活躍しています。

インターネットを通じたワールドワイドシステム(WWWシステム)や携帯電話のiモードなどもクラウドといえるでしょう。

 

ネットワーク革命とクラウドの衝撃

ネットワークこそがコンピュータだ「The Network is The Computer」、このIT革命の卓抜なスローガンについてはこの&サポート紙上で過去にもご紹介しました。

そしてこのスローガン、今や新しい衣をまとって20年前に想像していた姿を遙かに越え大きなうねりとなって我々の眼前に立ち現れてきつつあります。

クラウドをめぐるネットワークの二つの革命。

携帯電話は当初、持ち運べる電話としてスタートしました。

そして、今やコンピュータに接続し、iモードに代表される様々な機能を持つ究極の携帯端末へと変貌を遂げつつあります。

最早、コンピュータに繋がる端末としては、携帯電話はその数ではパソコンを大きく上回り、クラウド端末の主流となりつつあります。

パソコンもより携帯性に優れた端末の開発競争となっており、その主流もまた机上型から、ノートパソコンへそしてネットブックと呼ばれる格安で携帯性にも優れたパソコンが次々と登場しつつあります。今後ネットワーク端末は、より軽量で携帯性に優れ、安価な製品が主流となることは間違いないでしょう。

第二の革命は、「有線から無線へ」。

従来のネットワークの中心は、パソコンに接続される有線ネットワークでした。これに対し、最近のホットな話題の多くは無線を中心としたネットワークに移行しています。

第一の革命がもたらしたネットワーク端末のパソコンから携帯電話への流れは「常に」ネットワークに接続している端末の利便性を、利用者に強く印象付けました。その結果、コンピュータ利用システムはどのような端末であれ、場所や時間に制限されずに利用可能な事が強く求められるようになりました。

一度携帯電話を使って銀行口座から資金移動する事の便利さを体感すると、とても混雑した銀行窓口に並んで現金を引き出す気にはならなくなります。携帯電話だけではなく、モバイルと呼ばれるパソコンの普及は携帯端末の画面に飽き足らない機能を求める利用者に支持されこの数年普及が急速に伸びています。そして、これらのモバイルと呼ばれる軽量ノートパソコンに様々な無線ネットワークの接続が可能な機能が提供されるようになりました。

こうした二つの革命によって、実はコンピュータ利用に重要な変化が生じる事となりました。それは、ネットワークが直接「人と人」を結ぶもの、として機能し始めたという事です。

従来ネットワークを介したコンピュータシステムの利用には多くの制約がありました。例えばパソコンやサーバーの設置場所や利用時間の制約、ネットワーク利用の為の様々な制約などです。

しかし、いまや人(利用者)は場所や時間の制限を受けずに直接ネットワークに、リアルタイムで繋がる事が可能となりました。

ネットワークの向こうに直接、人(利用者)がリアルタイムでダイレクトに存在する事により、様々な新しいサービス・ビジネスが今急速に普及しつつあります。

この事こそが「クラウドの衝撃」と言えるでしょう。