クラウドへの挑戦が始まります

インターネットを活用するクラウド・コンピューティングは、システムを「保有することから利用することへ」の転換であり、ソフトウェア(CD-ROMパッケージ)の提供ではなくソフトウエア(サービス)への移行なのです。

クラウドシステムは手元のパソコンにソフトウエアやデータが入っている状態から、弊社が設置するインターネット上のサーバーにシステムやデータが準備され、利用者はそれをいつでもどこからでも取り出して使うことが出来、処理されたデータをまたそのサーバー上に保管する事が出来るシステムです。

クラウドシステムでは、利用者の手元にCD-ROMを使ってシステムやデータをお届けするのではなく、常に最新のシステムがサーバーに保管され、利用者のデータも最新のデータがサーバーに保管されます。

ですから、制度の様々な変更や、万一ソフトウエアに問題が出た場合でもサーバー上のプログラムを更新すれば瞬時に全てのお客様が適正なプログラムを使う事が可能なのです。

また、利用者の手元のパソコンに様々なトラブルが生じても代替のパソコンを使って容易に業務を継続する事が出来ます。

このようにクラウドシステムではシステムを提供する弊社も、また利用されるユーザー様にもより安定したサービスが可能となります。

コミュニケーションサイエンスは、このたびのクラウド版業務アプリケーションの提供によって定評ある当社のサポートサービスを一層充実させる事が可能となりました。

どうか、弊社のクラウド版業務アプリケーションにご注目ください。

弊社は今後とも、MBシリーズを中心に多様な業務ソフトウエアサービスを展開してまいります。

今後とも弊社製品をご愛顧いただきますとともに、サポートセンターの活動にもより一層のご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

株式会社コミュニケーションサイエンス
取締役社長 後藤昌子
MB給与管理(クラウド版)の購入・バージョンアップに関するご案内です。
新製品Internetタイムカードの詳細はこちら!