MB給与管理Ver.5
導入のメリット

製品の導入によって得られるメリットをご紹介いたします。給与計算における、ソフトウェアの導入が手作業による処理と比べてどれだけの短縮が 図れるかを簡単な図によって解説いたします。

給与・賞与計算時と年末調整時における導入のメリットをご覧ください。

 

給与・賞与計算時

勤怠データ(勤務日数、勤務時間、残業時間等)の集計や、手当・控除の算出は変わりませんが、 時間外手当の計算、給与総額の計算、非課税額の計算、健保・厚生保険料の計算、雇用保険料の計算、 課税対象額の計算、所得税額の計算、地方税の控除等の算出は全て自動的に行います。 また、給与明細書、給与台帳、所属別一覧表、金種表(現金支給時)の印刷と、 銀行振込と地方税納付の一覧表の印刷やファームバンキング用のデータファイルの作成を行います。 給与担当者は、勤怠データ、手当、控除の入力を行えば、後はコンピュータがすべて計算し、 必要な書類・帳票を作成してくれるわけです。

 

MB給与管理導入前(手作業時)
勤怠データの集計
時間外手当の計算
個人別時間単価算出
手当の算出
給与総額の計算
非課税額の計算
通勤手当・宿日直手当
等非課税限度額表
健保・厚生保険料
の算出
標準報酬月額
雇用保険料の計算
賃金総額の算出
雇用保険料額表
課税総額の計算
源泉所得税額
の算出
地方税額の算出
控除の算出
支給総額の計算
給与明細書
給与台帳作成
銀行振込依頼書
または金種表作成
住民税、源泉徴収所得税の計算・納付書作成
MB給与管理導入後
勤怠データの集計
手当・控除の算出
勤務日数・時間・残業時間と
変動手当・控除額の入力
給与計算処理を実行
給与明細書・給与台帳・所属別一覧表・金種表の印刷

 

年末調整時

年末調整では、『MB給与管理』はもっと威力を発揮します。年末調整の煩雑さは、 ほとんどの給与担当者の頭痛の種になっていますが、『MB給与管理』導入後は、 年末最後の給与計算前に扶養人数の確認と、支払保険料額の入力、配偶者特別控除の配偶者所得金額の入力、 住宅取得特別控除額を入力し、通常の給与計算を行うだけで、年税額を算出し過不足額を 12月の所得税額に反映します。

また、賃金台帳、源泉徴収簿、源泉徴収票の法的に必要な書類・帳票はもちろん、 「給与所得の源泉徴収票等の支払調書合計表」と「給与支払報告書(総括表)」に必要なデータも印刷されます。 さらに、所得税等が変更になった場合は、新しいプログラムがサポート(有料)されるので、 毎年のようにある変更事項も気にせずに年末調整を行うことができます

 

MB給与管理導入前(手作業時)
12月の給与計算
毎月の徴収税額の集計
本年分の給与総額
の集計
給与所得控除後の
給与金額の計算
各種保険料の控除
社会保険
(給与控除分・申告分)
小規模企業共済金
等掛金
生命保険料・個人年金保険料・損害保険料
保険料控除申告書の受理と確認
・生命保険料
・損害保険料
・社会保険料(申告分)
・小規模企業共済金
等掛金
配偶者特別控除額
の控除
配偶者特別控除
申告書の
受理と内容確認
・配偶者特別控除適用の有無および控除額
・扶養親族(一般・老人・特定・同居特別障害者)の有無
・障害者、特別障害者、老年者、寡婦、寡夫、勤労学生に該当の有無
配偶者控除額、扶養控除額基礎控除額および障害者等の合計の控除額
所得控除額の合計額
課税給与所得額の計算
年税額の計算
住宅取得等特別控除額の控除
住宅取得等の特別控除額申告書の受理と確認
・住宅取得等特別控除証明書、住宅取得資金に係る借入金の年末残高証明書の添付
差引年税額
過不足額の算出
源泉徴収票の作成
過納税額の還付
MB給与管理導入後
年調データの入力
12月度の給与計算
源泉徴収簿・源泉徴収票
賃金台帳の印刷
総括表データの印刷