• トレーニングについて
  • 給与計算講座
  • パソコン基礎講座
  • 労務情報
トレーニング
給与計算講座:給与の形態

『MB給与管理』を導入・運用していくには、ソフトウェアの特徴・機能や操作方法をマスターしなければなりませんが、その前に給与計算・賞与計算・社会保険・年末調整に関する知識=基礎知識が必要です。

給与の担当者の方にはあたりまえのことでしょうが、これらの知識がないと、導入時にまた運用時にどうすればいいのかわからなくなります。

給与形態は給与の支払形態のことで、出来高に応じて給与の決まる出来高給(能率給)のようなものと、定額制のものとがあります。
 定額制の給与は、時間給・日給制・週給制・月給制・年棒制とがあります。

一般的には、月給制が圧倒的多数を占めています。パートの場合、時給制が多いようです。

時間給制

1時間当たりの単価が決められていて、労働時間数に見合った給与が支払われる。

日給制

1日当たりの単価が決められていて、出勤日数に見合った給与が支払われる。

日給月給制

月額が予め決定されており、欠勤、遅刻があった場合、一定率による減額がされる形である。最もポピュラーである。

月給制

月額が決定されており、欠勤、遅刻があっても減額はされない。管理職に多い。

歩合給制

本人の稼ぎ高に、一定の率を乗じた金額が給与となる仕組。ほとんどの場合、歩合給は日給月給制と組み合わされる。

『MB給与管理』では、時給、日給、日給月給、月給制を同時に管理しています。

※日給月給と月給の違いに注意してください。